ロゴをクリックするとTOPに戻れます

デラオの不妊歴
(第1章)○病院で精子検査

(第1章)○病院で精子検査

デラオのハンドルネームの由来

少子
少子
posted with amazlet at 05.02.20
酒井 順子
講談社 (2003/12)
売り上げランキング: 1,819
通常2〜3日以内に発送
おすすめ度の平均: 3.66
3 鋭い視点がおもしろい、けど少し自分好き感が強い
4 言えなかったことを言ってくれた本
5 そうなんですよね!!

3回目の顕微授精の妊娠判定待ち期間に読んでいた、酒井順子さんのエッセー「少子」。 この本は少子化がどんどん深刻になっている現在、「なぜ女性が産まなくなったのか?」 ということを、未婚・子ナシの酒井さんが、代表?として産みたくない理由などをおもしろ・可笑しく 書いているエッセーです。 この中に、「男が情けないから」という項があります。
そこに、環境ホルモンの影響で精子が少なくなり、女性に対してもギラつかなくなった、昨今の若者を「デラ男」と呼んでいたんです。 なぜデラ男か?と言うと・・・。

タネ無し→タネ無しブドウ→デラウェア→デラ男
と、連想したとのこと。

これを読んだとき、思わず「なるほど・・・。納得・・・。」と、妙に感心してしまったんですね。駿香は。
そのインパクトの強さから、「あかるく不妊ダイアリー」を作る時に、「夫のハンドルネームを何にしよう?」と 考えたとき、「デラオ」としか思いつけなかったんです。
それで、「少子」のデラ男からいただいて、「デラオ」と呼ばせていただくことにしました。

精子検査

うちのデラオはまったくのタネ無しではないのが唯一の救いですが、最初の精子検査を○病院で受けたとき、 「数も少ないし、運動も悪いし、これでは・・・。」と、苦虫を噛み潰したような表情で、先生から語られました。
○病院では2回精子検査を受け、下の数字の並んだメモ用紙を渡されました。

精子検査(1回目)
3月9日
  • 3.9ml
  • 170万/1100万=15.5%
  • 170万/1100万=15.5%
  • 110万/1100万=10.0%
  • SMI 43

精子検査(2回目)
3月22日
  • 5.3ml
  • 120万/900万=13.3%
  • 140万/900万=15.6%
  • 100万/900万=11.1%
  • SMI 38

これだけ渡されてもまったくもって、何のことやらさっぱり解からないのですが、 先生の説明によると、170万120万のところは、正常な男性の場合は4000万〜5000万だそうです。
また、15.5%13.3%などの数字は、80%が普通だそうです。
そう言われると、いかに少なくて動いていないかというのが歴然としていて、思わず涙です。

○病院の先生に「こちらで紹介する△泌尿器科へ行って、検査してきてください。」と言われました。
TOPへ 第2章へ
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー