女性不妊・男性不妊の応援サイト「あかるく不妊ダイアリー」

駿香シュンカの不妊歴
(第16章)漢方薬デビュー

(第16章)漢方薬デビュー

冷え症を治すために、いろいろと本を読んで勉強したところ、「漢方薬」で冷えが治る。
ということを知りました。
しかも、私の不定愁訴ふていしゅうその症状が、漢方の本に書かれている、冷え症の症状とそっくりだったのです!がしかし・・・。
  • 漢方薬なんて難しそう?
  • 値段も高そう?
  • なんとなく敷居が高そう?
などと思い、知ってはみたものの、なかなか実行に移せずにいました。

でも、人生は行動あるのみ!なんですよね〜。
悩んでいても事態は好転しない。と悟り、近所の方の口コミで、勇気を出して漢方薬局をたずねました。

漢方薬局のイメージ

漢方薬局って、なんだか相談しにくいようなイメージでしたが、行ってみると普通の薬局です。
白衣の漢方薬剤師さんに、不妊・冷え性・胃腸が弱め・花粉症・腰痛の症状を話したところ・・・。
  1. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう エキス剤(JPS製薬)260錠 4,515円
  2. 双参そうじん 人参・刺五加製剤にんじん・しごかせいざい (JPS製薬)30包 5,000円
を勧めていただきました。
は手足が極度に冷え、冬は霜焼けができやすく、足が重くなって歩くのも困難になるような人に向くそうで、秋の終わりごろから 服用していると効果的とのこと。
私が飲み始めたのは秋の終りですので、始めたタイミングは良かったよう・・・。

は胃腸が冷えてお腹がぽちゃぽちゃする人に向くそうで、冷え性、血行不良、食欲不振、胃腸虚弱、虚弱体質、肉体疲労、 病中病後などに効くそうです。
粉のエキス剤で、お湯に溶かして飲むのですが、甘くてとても美味しいです!
漢方は激マズ!!という意識を、根本からくつがえしてくれました。

飲み方としては、漢方薬はお腹が空いているときに飲むものだそうで、朝寝起きと、夜寝る前に、を4錠、を1包飲むように言われました。

私は昔から胃腸が弱くて、太れない体質です。
風邪を引いたり、ストレスを溜めたりすると、1番症状に出やすいのは、胃腸だったりします。
体型も細身で、体力もあまりありません。
風邪をひくとなかなか治らず、特に冬場は長引いたりもします。
こういう体質を、東洋医学では虚症きょしょうというそうです。
反対に、体格が良く、胃腸が丈夫で、風邪をひいても食べて治すタイプの人は、実症じっしょうといいます。
デラオがまさに実症タイプです。(見かけは)
子供の頃は喘息持ちで体も細く小柄で、虚症だったそうなのですが、運動を始めてから体力がついたそうです。
以前、夫婦で通っていた針の先生からは、「お宅のご夫婦は、本当にタイプが正反対よねぇ〜。」とため息混じりに言われたこともあります。

最近はハックドラックなどの薬局チェーン店でも、漢方薬の錠剤を売っていますが、漢方は体質によって選ばないと効かないとのこと。
やはり、漢方薬剤師さんか、漢方医に見てもらうことをお勧めします。
Copyright(C)2005 あかるく不妊ダイアリー All. Rights Reserved



広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー