女性不妊・男性不妊の応援サイト「あかるく不妊ダイアリー」

駿香シュンカの不妊歴
(第2章)鍼灸院で針治療

(第2章)鍼灸院で針治療

同じ年の冬、アイロンを正座でかけていて、立ち上がるときにギックリ腰になってしまいました!
その頃、ボロイ社宅に住んでいたので、隙間風が酷い上、職場も某デパートで受付的な仕事をしていました。 デパートと言えば、夏も冷房がガンガン!それでどーも冷えたらしい。

やはり、市民病院の整形外科に行きました。
先生は若造クン。
レントゲンを撮ってもらったところ、 「異常ナシです。あとは、MRIで椎間板を見てから、手術ですね。」といきなり言われました。ゲゲッ!手術?!
デラオに言うと「整形外科じゃなぁ〜。俺の行きつけの鍼灸院で診てもらえ。」と連れて行かれました。 そう、デラオは腰痛では先輩に当たるんです。過去2度ほど、ギックリ腰で入院経験も有り。 「針なんて効くの?!怪しくないの?!」と腰が引けるものの、腰立たずの状態なので、背に腹は変えられずに受診。

これが人生初の針治療デビューでした。
ところが、すごーく気持ちよくて、ハマっちゃったんですね〜。自分でも意外でしたが・・・。 それで、先生に不妊の相談をしたところ、「腰痛と平行して、不妊のほうもやりましょう。」ということに。
社宅に「針治療をしたところ子供がすぐにデキタ!」という方が居て、もしかしたら?と一石二鳥を狙ったのです。 しかし、腰痛はどんどんよくなったものの、不妊の方はさっぱり・・・。 針治療に通い始めて1年が過ぎた頃、引越しをすることになりました。
それを先生に話したところ、「では、腰痛の方は良くなったので、針治療はとりあえず終了しましょうね。」と言われました。 「不妊のほうは・・・。」という言葉を飲み込みながら、「もしや、さじを投げられたのでは?」という思いがよぎりました。
TOPへ 第3章へ
Copyright(C)2005 あかるく不妊ダイアリー All. Rights Reserved




広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー