駿香の不妊歴
(第21章)再び体外受精へ

 

(第21章)再び体外受精へ

平成18年12月8日 タイミング法での自然妊娠は、私たち夫婦には無理だ・・・という結論に達しました。
ちょうど、体外受精を受けられるくらいの貯金もできてきていたので、ふたたび不妊治療の専門病院へ通えます。
不妊ルームのH先生の元へ行き、「資金が貯まったので、体外受精を受けに専門病院へ行きたいのですが、紹介状をお願いします。」と頼みました。  
先生は笑いながら、「で、どこの病院へ行く?」と聞いてきました。
  「Kレディースクリニックでお願いします。」と私。
  「わかりました。」と、その瞬間、先生の目がキラリと光ったような気がしました。
  「ま、行けばわかると思うけど、Kレディースクリニックは予約制じゃないし、患者数もすごいから、混んでるよー!午前中一番で行くか、時間考えていった方がいいと思うよ。」と助言してくださいました。

病院からの帰り道、駅前のビルに入っているドトールでランチをしながら、「いよいよKレディースクリニックかぁ・・・。」と、複雑な気持ちが湧いてきました。
関東最高峰の不妊治療クリニック。 不妊治療者の終着駅とも呼ばれているらしい・・・。 ここでダメだったら、いよいよ諦める時だよな・・・。   そんな暗い気持ちが湧いてきました。
「Kレディースクリニックで2年間治療してダメだったら、諦めよう。」 そう、気持ちを固めて、コーヒーを飲みほし、駅へ向かいました。

*免責事項*
Copyright(C)2005-2008 あかるく不妊ダイアリー All Rights Reserved.
   
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー