駿香の不妊歴
(第28章)採卵できるかどうか

 

(第28章)採卵できるかどうか

H19年3月16日、採卵できるかどうか、内診のために病院へ行く。
血液検査・内診をしてもらった結果、卵子が熟成しているというので、18日に初めての採卵を行うことに決まりました。
スプレキュアという、排卵を抑えるスプレーを処方される。
これは、前の病院でも使っていたが、左右の鼻にシュッツ!と吹き込んで使う薬。
えらく値段の高い薬でもある。
前の病院で買わされた、未使用のスプレーが1本、丸ごと残っていたが、そのことは言わずに看護師さんから、使い方の説明を受けました。
驚いたことに、Kレディースクリニックでは、中身が少なくなったら、容器を持っていけば継ぎ足してくれるとのこと。
今までは丸ごと1本、買わされていたけど、さすがだなぁ・・・と驚いてしまった。
看護師さんの説明もとても丁寧で、わかりやすかった。

その道で一流と言われる病院は、薬1本でも合理的というか、違うのね・・・。
この頃の私は、Kレディースクリニックでの治療の、一つ一つに対して、目がまんまるになるほど驚いていた。
そして、今まで苦痛でしかなかった不妊治療通いが、それほど苦痛じゃなくなっている自分に気がついていました。

*免責事項*
Copyright(C)2005-2008 あかるく不妊ダイアリー All Rights Reserved.

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー