駿香の不妊歴
(第40章)心臓が動いていた!

 

(第40章) 心臓が動いていた!

H19年7月16日、内診のためにクリニックへ向かう。
祭日でデラオが休みだったので、一緒についてきてくれた。
土日祝日は特に混雑しているので、椅子を取っておいてもらえるだけでも助かる。

内診で、診察台へ上がり、モニターを見ていると、このまえのピーナッツ状の黒い袋の中に、ピクピク動くものが見えた!
「これが胎児の心臓ですよ。ちゃんと動いてますねー!」と先生。
うれしい!心臓が確認できた・・・!
「現在、6週4日目です。」と先生から言われました。

感動した直後、器具を抜いたとたん「出血してますね!出血してたんですか?」と叫ぶ先生。
「いえ、してませんでしたけど・・・」と私。

もう一度器具を入れて診たところ、「あー、子宮入り口のポリープが潰れたんですね!」とホッとした様子の先生。
「出血が止まらないようだったら、近所の産婦人科へ行って、妊娠していることを告げて、止血してもらってください。」と言われて、診察が終了しました。

前回の採卵の時にもしてきされたけど、私には子宮入り口にポリープがあるらしい。
子宮頸管ポリープ
炎症がきっかけで子宮の粘膜が増殖し、茎のあるキノコのようなものができる。やわらかい組織でできており、少しの刺激で出血する。妊娠などへの影響はほとんどないが、まれな確率でガン化することもある。

前はこんなのできていなかったんだけどなぁ・・・と不審に思う私。
不正出血することもなかったし。今まで診てもらった病院でも言われたこと無い。
炎症がきっかけって、今回の不妊治療での炎症なんじゃないだろうか?

疑問がよぎったが、それほど出血が多いとは思わず、超音波写真をもらって、ウキウキと待合室へ向かい、デラオに写真を見せる。
その後、トイレへいったところ、生理2日目くらいの量の鮮血が出血していた!
思わず怯む私。

待合室へ戻って、「すごく出血してるよー。大丈夫かな?」とデラオに報告。
しかし、そのまま二人で自宅へ帰宅してしまいました。


*免責事項*
Copyright(C)2005-2008 あかるく不妊ダイアリー All Rights Reserved.

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー