駿香の不妊歴
(第42章)8週目に入りました

 

(第42章) 8週目に入りました

H19年7月26日、内診のために新宿へ向かいました。
このころになると、もう、悪阻が始まっていて、具合悪くて仕方がない・・・。
平日、午後からなら空いているかな・・・?と思い、行ってみるとやはり空いていました。

この日待たされた時間は2時間。
いつもだったら、3〜4時間は待たされる。
予約制じゃないし、日本一の不妊治療専門病院だし、ここらへんの待ち時間は仕方がないと思います。
検診の日は一日つぶれてしまいますが、その分、通う回数が他の不妊治療病院と違って少なくて済むので、私はこちらの方が我慢できました。

ポリープからの出血で、心配していましたが、診察台に上がり、モニターを見ていると、赤ちゃんは無事で、倍くらいの大きさに育っていました。
黒いソラマメ大の影の中に、心臓が写ってパクパク動いている。
昔、理科の実験で見た、ミジンコとか、アメーバ―なんかの微生物に似ている感じ。

「今日で8週です。次回までに紹介状を書いておきます。」と先生から言われました。

いよいよ卒業かぁ・・・。
治療を始めて6年。
小学校入学から卒業までの時間と、まったく同じ。

このときはポリープからの出血は止まっていたのだが、帰宅後、また出血騒ぎがあった。
どうも、検診するたびに機械を入れるため、それでポリープから出血があるらしい。
今思うとポリープに関しては無知だったため、どうしていいのかわからなかった私。
出血すれば騒ぐが、Kレディースクリニックの先生達も、今は切らない方が良いということを言っていたので、切れないもんだと思っていました・・・。

今思うと、なんで切ってもらわなかったんだろう?
無知って怖い・・・。

*免責事項*
Copyright(C)2005-2008 あかるく不妊ダイアリー All Rights Reserved.

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー