ロゴをクリックするとTOPに戻れます

デラオの不妊歴
(第5章)不妊治療専門病院で

(第5章)不妊治療専門病院で

○病院から不妊専門病院の○○クリニックへ病院変更したとき、またデラオは精子検査を受けました。
○○クリニックはさすがに不妊専門病院だけあって、設備がすごいのです!
パソコンで精子の状態をナマで見せてくれます。
○病院では、メモ帳に暗号のように数字を書いたものを渡されただけでしたが・・・。

このとき、デラオの精子を、駿香も始めてナマで見ることができました。
「やはり少ないですね〜。」と言いながら見せてくれた精子の映像には、動いていない精子がたくさん写っている中、 数匹の精子がちょろちょろと泳いでいました。
それをみて、「よかった。少しは居るんだ〜。」と思ったのもつかの間、 次の瞬間、「これが正常な人の精子です。」と見せられた映像にビックリ!!
もう、数え切れないほどの数の精子が、右往左往と泳ぎまくっているのです。
正直絶句してしまいました・・・。
「普通の精子はこんなに数が多くて、躍動感やくどうかんに溢れているの?」
そう思いながら、横を向くと、氷ついたような表情のデラオ。
現実ほど厳しいものは無い・・・と、デラオの表情を見ながら、心に浮かんでしまいました。

ここでは、デラオの治療はまったくされませんでした。
のっけから、「これでは治療しても無駄です。」と切り捨てられることに・・・。
「男性不妊症の治療もやるって聞いてきたから、ここに来たのになぁ。」
と思いましたが、「ダメですね。体外受精しかないですよ。」と言われ、選択の余地もありませんでした。
TOPへ 第6章へ
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー